【面食いなのに】ブサメンを選んでしまう女性心理を解説!

はい!皆さんこんにちは。

童貞卒業学部教授タケルです。

 

今回の講義は

【面食いなのにブサメンを選んだしまった女性心理】です。

 

「ブサメンを選ぶことなんてある!?」

いやはやこれがあるんですよ。

しかも、そういう女性に限って幸せな結婚生活を送っている人が多い

 

にわかには信じられませんよね。

ですが、これには女性の恋愛心理が理解できれば

おかしいことはないものなんですよ。

 

ブサメンこそチャンスは充分にあります!

 

面食いなのになぜブサメンを選んでしまったのか

面食いなのにブサメンを選んでしまった女性心理とは・・・

・・・

・・・

・・・恋愛による脳の働き方の違い!

 

男性と女性では恋愛する際に活発となる脳の部分が大きく違います。

 

男性は視覚関連領域が活発になり、

女性は前帯状皮質が活発になる。

 

つまり、男性は女性を選ぶ際、外見を重視するのに対し、

女性は外見・内面を含めた総合的な部分で判断するのです。

 

面食いだった女性はこれまでの経験でイケメンばかりと付き合ってきています。

特に学生時代はイケメン=正義だったので、この傾向が強い。

 

イケメンと付き合う際、顔がかっこいいので勝手に内面も良いと思ってしまいます。

ですが、蓋を開けてみれば内面はいまいち。

 

なぜなら、イケメンであれば内面を磨かずともモテルのです。

なので、内面よりも自分の長所である外見ばかりに気を使う傾向が強い。

そのため、付き合うのは簡単だが別れるのが早いというような現象がおきるのです。

 

加えて、イケメンはそのわかりやすい圧倒的プラスの外見から他の女性からもチヤホヤされます。

そうなれば、女性側は「浮気されるのではないか」「もっと自分をよく魅せないと」など

不安に駆られ、疲れてしまいます。

 

これは、前帯状皮質に大きな影響が。

この部分は「矛盾を検出する」ことに長けています。

 

すなわち、好きなのに疑う→ 矛盾→ 好きじゃないのでは。

また、イケメン→ 外見が良い=内面も良い→ 内面普通→ 矛盾→ あれ?

 

この脳の働きは女性が遥か昔からコミュニティを守ってきたことにあります。

 

狩猟時代は、男性が獲物を狩り、女性がコミュニティを守る。

女性は男性から獲物をもらわないと生きていけなかった。

つまり、浮気をされると死活問題となるわけ。

 

なので、前帯状皮質の働きで矛盾を検出すると伴に、

「子育てをしてくれるか」「安らぎを与えてくれるか」「家族を守ってくれるか」

このような誠実性も見極めます。

 

この条件だとイケメンは結婚相手には選ばれにくくなっているのです。

 

コミュニティを守ってくれる男性、すなわち家族を大切にしてくれる男性を選ぶので、

顔だけでなく、体型、内面、経済力全てを統合したうえで選択するのですね。

 

チャンスをものにするためには

ブサメンはなによりもまず見た目に気を使わなくてはいけません。

見た目で生理的に無理!と思われては絶対に恋愛対象にならない。

 

「ブサメンがいくら気を使ったところで・・・」

そうですよね。

確かに僕もそう思っていました。

しかし!こちらをご覧ください!

いかがですか?全然違いますよね!

自分が思っている以上に見た目に気を使うと大きく変われるのです。

 

ブサメンは総合力です。

顔が悪い=ブサメンではありません。

顔が悪い、ニキビ、青髭、服ダサい、自信ない・・・。

こうなってしまうと、ブサメンに拍車をかけるのです。

 

ですが、顔が悪くても清潔感を意識すれば全然違ってきます

清潔感を意識せよ

まずは、髪型・髭・眉毛

髪型

ぼさぼさで適当にしか切っていない髪型はあなたに似合っていますか?

おそらく無難なだけでもっと似合う髪型があるでしょう。

 

僕は美容院でプロにお任せしました。

髭は剃り残しありませんか?

先ほどの変身前を見てもらえばわかる通り、青髭は一気に印象を悪くします。

眉毛

そして、眉毛はと整えていますか?

僕の相談者でも眉毛を意識していない人はかなり多くいます。

眉毛も髪の毛のようにカットするのが当たり前

 

眉毛を適切に整えると最初はヤンキーみたいに薄い!

と思うかもしれませんがそれが実は普通なのです。

当時の僕は初めて眉カットしてもらった時に本気でヤンキーかと思いました。

服装

サイズ感をキチンと合わせましょう。

自分の体型に合った服が良いですね。

 

そして上半身にはなるべく明るい色を合わせましょう。

顔の周りに明るい色を持ってくると3割増しで表情も明るく見えます!

 

お洒落は足元から。

靴は一番汚れるアイテムなので、しっかりキレイにしておきましょう。

カカトを踏んで履くのは論外ですよ。

スキンケア

女性は常に自分のお肌と向き合っています。

なので、無意識に男性の肌もチェックしているのです。

 

肌が汚いと他の部分を気遣っても、ブサメン扱いされます!

それは、ニキビであったり、肌がギトギトだと不潔と思われるから。

 

逆に、肌が綺麗だとそれだけで、清潔感がグッと上がります!

さらに、若々しく見え、表情の明るさも2割増し。

 

世の男性のほとんどがスキンケアをないがしろにしています。

泡で洗顔後、しっかり注ぎ落し、化粧水乳液で補修保湿をする。

これを毎日行うだけでも印象はずいぶんと良くなるんです。

 

間違っても毛穴パックは使ってはいけません!

一時だけキレイになりますが、後々開ききった毛穴に汚れが溜まり

以前よりも毛穴汚れが目立ちやすくなるからです。

 

まとめ

今回の講義は以上です。

【面食いなのにブサメンを選んでしまう心理】

最後に復習しておきましょう。

 

面食いなのに恋愛でブサメンを選んでしまう女性心理は

恋愛時の働く脳の部分が男性と違うため。

 

男性は、見た目で選ぶように脳が働き。

女性は、外見・内面全てを含めた総合力で選ぶように脳が働く。

 

女性に選んでもらうには、

見た目に人一倍気を使わなければならない。

 

そのため意識したいのは、清潔感

特にスキンケアは世の男性のほとんどがないがしろにしている為

差をつけやすく、清潔感が爆上がりする。

 

ブサメンはその見た目で、女性経験少なさそう→ 付き合ったら誠実そう

というイメージがあります。

 

なので、付き合う前、第一関門の見た目ではイケメンに勝てませんが、

最終的に良い結婚生活を送れるのはブサメンの方が多かったりするんですよ。

ブサメンだからと嘆かず、自分を磨いて素晴らしい恋愛をしましょう。

 

恋愛をし童貞卒業をしたい全ての男性の悲願を叶えるため奮闘中!

クリックで応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です