【童貞卒業するために】ブサメンこそ身だしなみで差を付ける!最重要3選!

はい!皆さんこんにちは。

童貞卒業学部教授タケルです。

 

今回の講義は【ブサメンこそ身だしなみに注意】という内容です。

 

皆さん身だしなみちゃんとしてますか?

「洗顔してる」

「お風呂に入っている」

「いつも髭剃りをしている」

 

・・・なるほど。

つまり、していると皆思っているわけですね。

当然これぐらいはしているでしょう。

ですが、甘すぎます。

 

僕自身も前までは、これぐらいやって満足していました。

で、モテない、彼女出来ない、童貞卒業できなかったわけです。

それをブサメンの所為にしていました。

 

でもこれらが出来ているのはゲームで例えると、

Lv1の装備品を身にまとっているだけなのです。

つまり、必要最低限・・・

これでモテるわけないんですね。

 

逆に正しい身だしなみが出来れば僕たちでも充分恋愛は可能です。

さぁ、今回は正しい身だしなみについてお話ししましょう。

 

ブサメンこそ身だしなみが大切な理由

そもそもなぜ身だしなみが必要だと思いますか?

人間は人の印象を判断するとき、まずなにから判断しますか?

そう!視覚ですね。

 

とくに初対面だと、出会って5秒で印象を決めます。

ここで決められた印象がその後もずっと付きまとうのです。

 

例えば、

イケメンが失敗→そんなときもあるよね。

ブサメンが失敗→仕事出来ない。

 

これは、第一印象でいい印象と悪い印象がついているから。

いい印象を持つと無意識にいい評価ばかりの情報を集めます。

したがって、失敗をしても、今回はたまたまという評価に。

 

逆に、第一印象で悪い印象だと、先ほどの逆になります。

なので、失敗すると、やっぱりダメ→仕事出来ないという評価されるんですね。

 

ここで最初からマイナス評価を受けないためにも身だしなみを疎かにしないことは絶対必要なのです!

僕たちのようなブサメンは、まず顔でマイナス評価を付けられます。

ここで、普通の身だしなみをしていてもマイナスのまま。

なので、人一倍身だしなみに気を付ける必要があるわけですね。

 

身だしなみ3つのポイント

 

では、僕たちブサメンがマスターする身だしなみを見ていきましょう。

ポイントは3つ。

  • 自信
  • 清潔感
  • ファッション

自信

身だしなみとは少し違うかもしれませんが、後から紹介するものをいくら完璧に出来たとしても

自信がなければ無意味になるので、これは絶対におさえてください。

 

逆に、自信があればすべてうまくいくといっても過言ではありません。

 

そのいいお手本が、アインシュタインの稲田さん。

彼の顔面みたことありますか?

正直大変もうしわけないですが、すごいですよね。

僕はあの顔に勇気をもらいました。

 

彼は、あのブサメンでモテルんです。

それも女性をとっかえひっかえ出来るほど!

 

どんなにお金持っていようとも、どんなにお洒落でも、正直キツイですよね。

それでも彼はモテル。

 

彼がモテル要因は、圧倒的自己肯定感。

そこからくる、圧倒的自信。

 

自己肯定感とは、自分を評価し、自分という存在を認めてあげられること。

彼は「生まれ変わっても自分の顔になりたい」と明言するほど自分を受け入れているんです!

 

なので、あの顔でも自信満々に女性に声を掛けられるのです。

女性への第一声が「遊んだろか?」

 

普通に考えたら逆ですよね⁉

自信満々に言えるからこそ、圧倒的マイナスを逆転出来し、

相手が勝手に「もしかしてモテルからこんなに自信満々?」と考えるんです。

 

なので、僕たちも自分を認め、自信満々に振舞うことが出来れば、いい評価が勝手についてくるんです。

例えば、仕事の場合「ブサメンなのに自信満々…もしかして仕事出来る?」と。

実際、全く出来なければ「見かけ倒しかよ!」ってなるので、少しは出来ないとダメですが、

最初から不当なマイナス評価をつけられることは無くなります。

 

自分の顔は個性!と言いきれるように自己肯定感を高くし、自信を持つこと。

これがマスター出来ればあとはEASYですよ。

 

自信を持つためにまずは、姿勢を正しましょう。

歩くとき、PC作業時、スマホいじるときなど。

現代人は皆姿勢悪いです。

これを”意識して”やるだけでもかなり変わってきます。

 

清潔感

清潔感と一言にいっても多岐にわたります。

細かくなりますが、1つづつ説明しましょう。

 

 ①フケはついていないか

意外と肩や髪についています!

これは非常に目立つ上に、一発で印象を悪くします。

 

体質的にフケが出やすい人は、フケを抑えるシャンプー保湿をしっかりしましょう。

 

②髪型は似合っているか

あなたは髪型適当にしていませんか?

自分に似合っている髪型にしてください。

お勧めは、美容院でお任せでオーダーすること。

 

僕はまさかの前髪すっごい切ら、短髪にされたんですけど、

自分でちゃんとセットすれば、髪型が決まるので良かったですね。

前までは、適当な髪型で寝ぐせを直すだけでしたからね。

これでは、野暮ったいだけでした。

 

ちなみに、顔の表面積が見える範囲が多いほど、明るい印象を与えれます。

おでこが気になる方でも変に隠すより、出しているほうが良い印象になるんですね。

トレンディーエンジェル斎藤さんがいいお手本です。

 

③髭は完璧に剃られているか

剃り残しの評価は最悪です。

青髭を嫌う女性もめちゃくちゃ多い。

朝どんなに急いでいても髭剃りの時間は確保しましょう。

電動髭剃りだけだと剃り残しは意外と多いですよ。

 

④顔はテカっていないか

夏場はとくに顔が油でテカリやすい。

こまめにフェイスシートで拭きましょう。

 

ただし、脂取り紙の使い過ぎには注意を。

必要な脂まで取ってしまうので余計にテカりやすくなります。

 

運動、サウナなどで汗をかくことがいいですね。

 

⑤手をキレイにしているか

女性は男性の手をよく見るんです。

爪をキレイに整え、サカムケを切り取り、冬はハンドクリームで保湿しましょう。

手フェチは毎年ベスト5以内に必ず入っています。

 

⑥シャツにシワがついていないか

最近は形状記憶型もありますが、アイロンを全くしないのはNG。

アイロン後のパリッとしたシャツは非常に好印象を与えます。

めんどくさいですが、あえてアイロンをかけなければいけないシャツがお勧め。

周りと差別出来れば儲けもの。

 

⑦靴はピカピカか

お洒落は足元から。

靴も女性によくみられるポイント。

 

高い靴を履くということではなく、毎回靴磨きをするだけでOK。

そうすると細かいところまで気が利く男と評価されます。

 

⑧臭いは大丈夫か

自分の口臭、体臭は自分ではわかりません。

いくら気を使っていても臭う時があります。

 

口臭は、人と会う時は出来るだけ、ガムやフリスクでケアして臨みましょう。

 

体臭は、柔軟剤を使うことをお勧めします。

香りづけのものもありますが、香り付き柔軟剤で充分。

汗に反応するタイプで少し甘めか、少しスッキリ香ものがいいですね。

 

間違っても香水などキツイ匂いをまとまわないように!

 

ファッション

普段スーツでもよくても、休日までスーツでいるわけにはいきませんよね。

最後にファッションを見ていきましょう。

 

①色

あなたのクローゼットには黒系統の服多くないですか?

暗い色の服を着ると暗い印象を与え、顔色も悪く見えるんです。

色はなるべく明るいものを選びましょう。

 

顔周りつまり、上部を明るくすればOK。

夏なら、白のTシャツ、ポロシャツ。

冬なら、白のYシャツ、白のニットといった具合。

 

ズボンは黒系統と合わせると映えるので問題ありません。

 

②サイズ感

サイズは自分にピッタリのものを選びましょう。

スーツでもそうですが、サイズが合っていないとだらしなく見えます。

 

最近流行っているビッグシルエットもありますが、

僕はお勧めしません。

 

まとめ

今回の講義は以上です。

【ブサメンこそ身だしなみが大切なこと】

いかがでしたか?

最後に復習とイケメンになれる!?方法をお話して終わりにしましょう。

 

ブサメンこそ身だしなみに気を使わなければならない理由

人は視覚で印象を判断し、その印象をもとに判断するから。

 

身だしなみをきをつける3つのポイントは、

  1. 自己肯定感を高め自信満々にする
  2. 清潔感を常に意識する
  3. サイズの合った明るい色の服装をする

 

最後にイケメンになれるかもしれない方法が、

眉毛を整える事。

 

人の顔の印象は目元で大きく変わってきます。

一重がぱっちり二重にするだけで全然違いますよね。

 

目を変えるには手術するしかないのでお任せしますが、

眉毛はスグに変えられます!

自分でやるのは難しいのでプロにやってもらいましょう。

僕の場合は初めて行った美容院でやってもらいました。

 

さぁ今日から脱ブサメンして彼女作って、童貞卒業しよう。

恋愛をし童貞卒業をしたい全ての男性の悲願を叶えるため奮闘中!

クリックで応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です