【科学的アプローチ】ブサメンの超具体的な治し方!

はい!皆さんこんにちは。

童貞卒業学部教授タケルです。

 

皆さんはブサメンを直して恋愛したいですか?

理想の彼女を作って結婚して幸せな家庭を築きたいですか?

出来るものならそうしたいですよね!

 

学生時代の僕も非モテ、彼女いない歴=年齢、童貞卒業できないブサメンで

恋愛を諦めていましたが、やっぱり恋愛がしたかった。

どうしても諦めたくなかった。

 

それは、周りが羨ましいこともある、ブサメンでも彼女がいる人がいる。

そんな現実を目の当たりにして、「いつかは自分にも」と心の底では思っていました。

 

社会人になり、たまたまあるブサメン芸人がモテルことを知り、

「この人よりはるかに顔マシやん」と思った日から、

ブサメンを治す行動を行いました。

 

正直遠回りをかなりしました。

しかし、その経験があるからこそ、今はアドバイザーとして

悩める人たちの話を聞くことが出来ています。

 

あなたもブサメンを治して理想の恋愛をして、

人生を豊かにしていきましょう!

 

ブサメンの治し方は

ブサメンの治し方はなんだと思いますか?

髪型変える?整形する?・・・

確かにブサメンと聞くとどうしても顔を意識してしまいますね。

 

しかし、違います。

ブサメンは総合力です。

外見、内面全てを含めた人間性

 

顔が悪くても、いつも明るく、気さくで、親しみやすい人はブサメンとは言われません。

逆に顔がよくても、暗く、おどおどしていて、中身もない人は、内面ブサイクと言われます。

 

ブサメンの定義はいくつかありますが、僕の考え方では、

ブサイクな面ではなく、ブサイクなメンズだと考えています。

なので、顔が悪い=ブサメンではありません。

 

なので、総合力を上げることが出来れば、ブサメンを治すことが出来るのです。

そのために根本的に重要なのは、自分に自信を持つこと!

 

自分に自信を持つためには、自己肯定感を高めること。

自己肯定感を高める

自己肯定感とは・・・ありのままの今の自分を受け入れること。

つまり、自分の肯定的な部分不定的な側面も全てを自分と認めることです。

 

よく言われるのが、「自分を肯定的に認めること」なのですが、

これでは、否定的な部分を自分と認めていません。

 

例えば、ネガティブなこと。

これを肯定的にするとポジティブになるのですが、

無理やりポジティブになろうとすることは間違っています。

なぜなら、ネガティブに良い面があるからです。

 

ネガティブということは、最悪の事態を想定することが出来る。

最悪の事態を想定しているということは、失敗のリスクも少なく出来、

失敗したとしも大きく落ち込むことがないということです。

 

ネガティブが悪いと考えてしまうのは否定をしてしまうイメージが強いからでしょう。

「自分はダメな人間、自分をまったく肯定できない」というように。

これはネガティブではなく、自己否定感です。

 

「自己肯定感」の反対が「自己否定感」。

自己否定感を理解すると、自己肯定感も理解しやすいですね。

自己否定感を減らすことが出来れば、自己肯定感が上がります。

 

自己否定感が強いと、

「どうせ自分なんて」「たまたまうまくいっただけ」

マイナスの掛け算をしてしまう。

 

他者から承認されても、成功体験を積み上げても、まったく積み上がらない。

ポジティブな言葉を口に出す「アファーメーション」を実践しても、効果が出るはずがないのです。

 

自己否定感の強い人は、どれだけ「自己肯定」を重ねても、結果は「マイナス」になる。

それが、自己肯定感が高まらない理由です。

自己受容

なのでまずは、ありのままの自分を受け入れることから始めましょう。

その方法が”自己受容”です。

 

コンプレックスや欠点、短所を抱える自分、失敗だらけの自分、ネガティブの自分を、そのまま肯定し、受け入れること。

「今のままの自分でいい」「今のまま生きていい」その感覚が”自己受容”です。

 

自己受容が上手く出来ていない原因は様々。

とくにブサメンで悩んでいる人は過去に辛い経験をしてるため自己受容できないことが多いです。

執拗にいじられたり、仲間外れにされたり、親から虐待をうけたり・・・。

 

このような経験から「自分には価値がない」「自分は生きていてはいけない存在」と思い込んでしまうのです。

 

過去に受けた傷は、あなたが悪いのではありません。

たまたま、周りの子どもが、大人が、学校が、社会が悪かったのです。

あなたは決して悪くありません。

あなたはここに居ていいんです。

 

自己受容は、自己肯定の第一歩目。

あなたがありのままのあなた自身を認めてあげれば、自己否定の世界から抜け出せます

 

そすれば後はテクニックです。

自己承認をする、肯定的な言葉を増やす達成感を得るなど。

他人と比べず過去の自分より成長したことを実感し、一段ずつ階段を登るイメージです。

 

具体的な方法としてアウトプットを心がけましょう。

アウトプットをする

自己否定感の強い人は、コミュニケーションが苦手。

人に相談しないで、自分だけで悩む。

また、自己表現が苦手でもあります。

つまり、アウトプットが苦手な「インプット世界の住人」が多いのです。

 

ネガティブな感情は、吐き出さないと脳の中で無限にループします。

自分のコンプレックスや失敗体験、将来の不安が、何度も何度も頭の中をよぎる。

こうなると、全く前に進めなくなります。

 

それを解決する方法がアウトプット。

自分の悩みを人に「話す」だけで、気分が楽になったことがあったと思います。

 

アウトプットは誰かに話すことだけではありません。

自分が感じている事、考えていることを紙に書き出すこともアウトプットです。

 

アウトプットをすると自分を客観的に捉えることが出来るようになります。

それを読み直すことで、「自分はこんなことを考えたのか、こんなふうに感じたのか」と気づけます。

初めて客観的に自分を見つめなおすことができるのです。

 

具体的な方法としては、4行日記がお勧めです。

 

ブサメンを治す超具体的な方法

4行日記は、

  1. 1行ネガティブ
  2. 1行フィードバック
  3. 3行ポジティブ
  4. 1行フィードバック

 

1行目に、その日あったネガティブなことを書きます。

例えば、全然仕事がうまくいかなかった。

 

2行目に、それに対するフィードバック。

これは、自分を認める1行!

例、誰でもミスはある、次回頑張ればいいや、たまたまだから気にしてもしょうがない。

 

このように、自分を「励ます」「褒める」「応援する」言葉を使いましょう。

初めは難しいかもしれませんので、なにがあっても「今の自分でOK」と書きましょう。

 

書くことは、行動です。

自己否定 → 自己受容 → 自己肯定 と行動することで、

自己肯定の階段を1段ずつ登っています。

 

3行目に、必ず3つポジティブなことを書いてください。

どんな些細なことでも大丈夫。

 

最後にポジティブで締めることにより、

ポジティブな感情がそのまま記憶に定着します。

 

最後の4行目は、今日1日を要約すること書きます。

自分を承認・肯定する言葉で締めましょう

 

全て組み合わせると。

  1. 仕事でミスして怒られた。
  2. 誰でもミスはする。今の自分のままでOK。
  3. ①気持ちいい晴天 ②初めて行った店の雰囲気良かった ③筋トレした
  4. 今日も全体を通してみればいいことだらけ。自分最高!

 

 

自分に自信を持つために自己肯定感を高める。

自己肯定感を高めるために、自己受容で

自分を他の誰でもない自分と認めてあげる。

まずは、自己否定を減らしていく。

 

そうすれば、後は少しのテクニックを身に着ければ

理想の恋愛が出来るようになります!

 

まとめ

今回の講義は以上です。

【ブサメンを治す方法】いかがでしたか。

 

恋愛を成功させるには、自分に自信を持つことが重要

そのためには、自己肯定感を高める

自己肯定感を高めるには、自己否定を減らさなければならない。

そのために、まずは自己受容を行う。

 

自己肯定感を高める具体的な方法は、4行日記がお勧め。

 

見た目や、トークのテクニックはスグ身につきます。

しかし、根本的に自分に自信がないとテクニックを身に着けたところで

スグにぼろが出ます。

 

「人を愛するにはまず自分から」

自分を認めることから1歩ずつ始めましょう。

 

具体的なテクニックはコチラ↓↓

ブサメンが恋愛でモテル【超具体的な方法3選】

 

恋愛をし童貞卒業をしたい全ての男性の悲願を叶えるため奮闘中!

クリックで応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です